〒732-0825
広島市南区金屋町2-15広島駅前通マークビル4F

TEL:082-262-4618

広島市南区 矯正歯科|小児矯正 矯正歯科 やまだ矯正歯科クリニック

大人の矯正

広島駅のやまだ矯正歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

やまだ矯正歯科クリニックのコンセプト

院長レポート

HOME»  大人の矯正

大人の矯正治療例

歯並びが悪い(叢生、乱ぐい歯)

あごの大きさと歯の大きさとがアンバランスの場合、歯が凸凹に並ぶようになります。治療法は3通り考えられます。

  • 歯列弓(あご骨)を前後、左右に拡大する。
  • 永久歯を抜歯する。
  • 歯を削って歯の幅を小さくする。

できるだけ永久歯を抜かない治療法を検討しますが、すでにあごの成長は終わっていますので、抜歯しての治療になる割合が高くなります。3.の歯を削ることは最後の手段で行うことがありますが、できるだけ避けるようにします。

<叢生 1> 上下の小臼歯に加え上あごの大臼歯を抜歯して治療した症例(抜歯)
治療法 上下の小臼歯に加え上あごの大臼歯を抜歯し、インプラントアンカー(ミニスクリュー)を併用しつつマルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療中
治療後
<叢生 2> 上あごの小さな側切歯と下あごの小臼歯を抜いて治療した症例(抜歯)
治療法 上あごは小さな側切歯を、下あごは小臼歯を抜いてマルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。上あごは舌側矯正装置(リンガルブラケット)を使用しました。
治療前
治療中
治療後

上の歯が出ている(上顎前突、出っ歯)

上あごの前歯が前方へ出ている状態です。治療法は2通り考えられます。

  • 上下のあごの位置関係を手術によって改善する。
  • あごの位置はそのままで歯を動かして噛み合わせを整える。
<上顎前突 1> 上あごの小臼歯を抜いて治療した症例(上顎片顎抜歯)
治療法 上あごの前歯が前方へ傾斜し突出していたため、上あごの小臼歯を抜歯し、マルチブラケット装置を用いて上あごの前歯を後退させ、全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後

下の歯が出ている(下顎前突、受け口)

下あごの前歯が前方へ出ている状態です。このような場合、治療法は3通り考えられます。

  • 上下の前歯の傾きを改善する。
  • 上の歯並び全体を前方移動する。
  • 下の歯並び全体を後退させる。

できるだけ永久歯を抜かない治療法を検討しますが、止むをえない場合は抜歯しての治療になります。あごの位置関係に大きな問題がある場合は骨の手術を併用することもあります。

<下顎前突 1> 上あごの左右2番目の歯が欠損しており、そこにすき間を集めて治療した症例(非抜歯)
治療法 上あごの左右の側切歯(2番目の歯)が先天的に欠如し、前歯部に隙間ができ、反対咬合になっています。上あごの前歯を前方に押し出し、マルチブラケット装置を用いて隙間を側切歯部に集めて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。側切歯部は一時的な人工歯を装着しています。
治療前
治療後

口元が出ている(上下顎前突、口唇閉鎖不全)

上下の歯が前に傾いて、上下ともに前に出ているため意識して閉じないと唇を閉じることができない状態です。治療法は2通り考えられます。

  • 上下の顎の位置関係を手術によって改善し、歯を動かして噛み合わせを整える(歯を抜くことが多い)。
  • あごの位置はそのままで歯を抜いて前歯を後退させて噛み合わせを整える。
<上下顎前突 1> 叢生の改善と前歯の後退のために上下の小臼歯を抜いて治療した症例(抜歯)
治療法 上下のあごの前歯が前方へ傾斜し突出して、口が閉じにくいため、上あごと下あごの小臼歯を抜歯し、マルチブラケット装置を用いて前歯を後退させ、全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後

顔貌が気になる(顎変形症)

上のあご、下のあごの位置や大きさに問題があるために顔貌や噛み合わせに問題が出る場合はあご骨に対する治療(外科的矯正)を併用して治療をします。噛み合わせの改善と同時に整容的な効果も期待できます。

<下顎側方偏位 1> 外科的矯正術を併用して治療した症例(非抜歯)
治療法 上あごの噛み合わせの面が傾斜し、下あごも左へずれています。マルチブラケット装置を用いて歯並びを整えた後、外科的矯正術を併用して非対称を改善し、全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後

前歯があいている(開咬)

口を閉じて噛んでも上下の歯が数本にわたってかみ合わない状態です(前歯が当たっていないことが多く見られます)。前歯が当たっていないために噛み合わせる位置が不安定になり奥歯が擦り減ってしまうこともあります。物を噛み切れなかったり、発音にも影響が出ます。

<開咬 1> 外科的矯正術を併用して治療した症例(抜歯)
治療法 噛んでも上下の奥歯しか噛み合っていません。上あご、下あごの小臼歯を抜歯し、マルチブラケット装置を用いて歯並びを整えた後、外科的矯正術を併用して開咬を改善し、全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後

歯周病で歯並びが悪い(叢生、乱ぐい歯)

歯並びと噛み合わせが悪いために歯周病が悪化することがあります。お口の中の管理を行いやすくするために歯並びを整えることは歯周病の治療の一環として効果が大きいといえます。

<歯周治療 1> 残すことが困難な歯を含めて抜歯し、治療した症例(抜歯)
治療法 4本の歯を抜歯して歯周病の悪化防止のためにマルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後
Page Top