〒732-0825
広島市南区金屋町2-15広島駅前通マークビル4F

TEL:082-262-4618

広島市南区 矯正歯科|小児矯正 矯正歯科 やまだ矯正歯科クリニック

子供の矯正

広島駅のやまだ矯正歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

やまだ矯正歯科クリニックのコンセプト

院長レポート

HOME»  子供の矯正

子供の矯正治療例

歯が並びきらない(萌出余地不足、乱ぐい歯)

あごの大きさと歯の大きさとがアンバランスの場合、歯が凸凹に並ぶようになります。7~8歳のころ前歯4本が大人の歯に生え換わる頃に目に見える形として現れます。このような場合、治療法は3通り考えられます。

  • 歯列弓(あご骨)を前後、左右に拡大する。
  • 永久歯を抜歯する。
  • 歯を削って歯の幅を小さくする。3.の歯を削ることは最後の手段で行うことがありますが、できるだけ避けるようにします。
<萌出余地不足 1> 歯列弓(あご骨)を拡大して歯を抜かずに治療した症例(非抜歯)
治療法 機能的矯正装置を用いて上下のあごを側方に拡大した後、第二乳臼歯交換時に積極的な保隙を行いました。第二大臼歯が生えてからマルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後
<萌出余地不足 2> 歯が大きいため小臼歯を抜いて治療した症例(抜歯)
治療法 2番目の歯が並ぶすき間が全く足りません。第一乳臼歯、乳犬歯、第一小臼歯と連続的に抜歯し(上下小臼歯4本抜歯)、第二大臼歯が生えてからマルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後

上の歯が出ている(上顎前突、出っ歯)

上あごの前歯が前方へ出ている状態です。原因は3通り考えられます。

  • 上下の前歯の傾きに問題がある。
  • 上の歯並び全体が前方にある。
  • 下の歯並び全体が後方にある。

上下のあごの位置関係に問題がある場合は、上あごを後退させ、下あごを前方に発育するように刺激します。そのためには8~9歳までに治療を開始するのが良いと思います。

<上顎前突 1> 下の顎を前方に成長させて治療した症例(非抜歯)
治療法 下のあごが小さく後ろに退がった状態でしたので、機能的矯正装置を用いて下のあごを前方に成長させました。第二大臼歯が生えてから歯を抜かないでマルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後

下の歯が出ている(下顎前突、受け口)

下あごの前歯が前方へ出ている状態です。原因は3通り考えられます。

  • 上下の前歯の傾きに問題がある。
  • 上の歯並び全体が後方にある。
  • 下の歯並び全体が前方にある。

上下のあごの位置関係に問題がある場合は、上あごを前方に発育するように刺激し、下あごを後退させます。そのためにはできれば早めに(5~6歳から)治療を開始するのが良いと思います。

<下顎前突 1> 上のあごを前方に成長させて治療した症例(非抜歯)
治療法 上のあごが小さく後ろに退がっているために前歯から奥歯まで反対の噛みあわせになっています。上顎前方牽引装置を用いて上のあごを前方に成長させました。第二大臼歯が生えてからもう一度歯列を側方に拡大して、マルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後
<前歯部反対咬合 2> 歯の移動のみで治療した症例(非抜歯)
治療法 上の前歯を唇側(前方)へ押し出して反対の噛み合わせを改善しました。その後、側方歯が交換し、第二大臼歯が生えた後、マルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後

前歯があいている(開咬)

口を閉じて噛んでも上下の歯が数本にわたって噛み合わない状態です(前歯が当たっていないことが多く見られます)。そのままにしておくと空いたすき間に舌を突き出す癖が身に付いてきます。頑固な癖になるとすき間を閉じることが難しくなりますので、できるだけ早めに治療を開始するのが良いと思います。

<開咬 1> 舌突出癖を改善して治療した症例(非抜歯)
治療法 I期治療で習癖(舌突出癖)を防止する装置を用いて前歯部開咬の状態はほぼ改善ました。第二大臼歯が萌出してII期治療としてマルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療中
治療後

あごが横にずれる(交叉咬合)

噛むと上下の歯並びが横にずれます。上下の歯並びの幅が合っていないために下のあごを横にずらせて噛む習慣ができます。この状態のままで成長すると下のあごが横にずれて成長し、顔が非対称になってしまいます。気が付いたらすぐに治療を開始するのが良いと思います。

<交叉咬合 1> 上の歯並びを拡大して横へのずれを改善した症例(非抜歯)
治療法 上のあごを床拡大装置を用いて側方拡大して、下あごの左方への偏位を改善しました。第二大臼歯が生えてからマルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整える予定でしたが、本人の希望でこの時点で治療を終了しました。
治療前
偏位の改善
治療後

歯の生える位置がおかしい(萌出方向異常)

歯の生える位置または方向に問題がある状態です。生え代わらないで残っている乳歯を抜いて、そこに永久歯を誘導します。自然によい位置に並んでくれない場合は、矯正装置を用いて引っ張って歯並びの中に並べる必要があります。

<萌出方向異常 1> 異所萌出した歯を開窓・牽引して治療した症例(非抜歯)
治療法 左上のおとなの糸きり歯(3番目の歯)が2番目の歯の外側に重なる位置に生えようとしています。残っている乳犬歯(子供の糸切り歯)を抜いて、矯正装置を用いてそこに糸切り歯を牽引し歯並びの中に並べました。
治療前
治療後

中高生の矯正治療例

歯並びが悪い(叢生、乱ぐい歯)

あごの大きさと歯の大きさとがアンバランスの場合、歯が凸凹に並ぶようになります。このような場合、治療法は3通り考えられます。

  • 歯列弓(あご骨)を前後、左右に拡大する。
  • 永久歯を抜歯する。
  • 歯を削って歯の幅を小さくする。

できるだけ永久歯を抜かない治療法を考えますが、止むをえない場合は抜歯しての治療になります。3.の歯を削ることは最後の手段で行うことがありますが、できるだけ避けるようにします。

<叢生 1> 歯列弓を側方拡大して治療した症例(非抜歯)
治療法 第二大臼歯まで生えていましたので上下のリンガルアーチを用いて上下の歯列を側方に拡大した後、マルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後
<叢生 2> 歯を並べる場所が少ないため、小臼歯を抜いて治療した症例(抜歯)
治療法 糸きり歯が並ぶすき間が全く足りません。第一小臼歯(糸切り歯の奥の歯)を抜歯し、そこに糸切り歯が入ってきて、第二大臼歯が生えて後、マルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後

上の歯が出ている(上顎前突、出っ歯)

上あごの前歯が前方へ出ている状態です。このような場合、治療法は3通り考えられます。

  • 上下の前歯の傾きを改善する。
  • 上の歯並び全体を後退させる。
  • 下の歯並び全体を前方移動する。

できるだけ永久歯を抜かない治療法を考えますが、止むをえない場合は抜歯しての治療になります。3.の歯を削ることは最後の手段で行うことがありますが、できるだけ避けるようにします。

<上顎前突 1> 上下のあごの位置の改善と上顎前歯の傾斜の改善で治療した症例(非抜歯)
治療法 機能的矯正装置を用いて残余の下あごの前方成長刺激と上あご前歯の傾斜の改善を行い、第二大臼歯萌出後にマルチブラケット装置を用いて上あごの前歯の傾斜を改善し、全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後
<上顎前突 2> 上あごの小臼歯を抜歯して治療した症例(上顎片顎抜歯)
治療法 上あごの前歯が前方へ傾斜し突出しています。上あごの小臼歯を抜歯し、マルチブラケット装置を用いて上あごの前歯を後退させ、全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後

下の歯が出ている(下顎前突、受け口)

下あごの前歯が前方へ出ている状態です。このような場合、治療法は3通り考えられます。

  • 上下の前歯の傾きを改善する。
  • 上の歯並び全体を前方移動する。
  • 下の歯並び全体を後退させる。

できるだけ永久歯を抜かない治療法を考えますが、止むをえない場合は抜歯しての治療になります。あごの位置関係に大きな問題がある場合は骨の手術を併用することもあります。

<下顎前突 1> 歯の移動のみで治療した症例(非抜歯)
治療法 上の前歯を唇側(前方)へ押し出して反対の噛み合わせを改善しました。その後、側方歯が交換し、第二大臼歯が生えた後、マルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後

前歯があいている(開咬)

口を閉じて噛んでも上下の歯が数本にわたってかみ合わない状態です(前歯が当たっていないことが多く見られます)。空いたすき間に舌を突き出す癖が身に付いてきます。頑固な癖になるとすき間を閉じることが難しくなると同時に、治療後にまた前歯が空いてきやすくなります。

<開咬 1> 上下の小臼歯を抜歯して治療した症例(抜歯)
治療法 歯のみならず、骨組みの変形も認められます。習癖(舌突出癖)を防止する装置を用いて開咬の程度をできるだけ少なくしました。その後、上下の小臼歯を抜歯し、マルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療中
治療後

噛み合わせが深い(過蓋咬合)

上下の歯の噛み合わせが深い場合、下の前歯の先端が上あごの歯ぐきを噛んでいることがあります。このままだと上あごの前歯を支えている骨や歯の周りの組織がいつも炎症を起こすことになり、将来歯周病になることが考えられます。

<過蓋咬合 1> 上あごの小臼歯を抜歯して治療した症例(上顎片顎抜歯)
治療法 上下の噛み合わせが深いとともに、上あごの前歯が右へずれて糸切り歯が八重歯になっています。上あごの小臼歯を抜歯し、咬合挙上板、マルチブラケット装置を用いて噛み合わせを浅く、上あごの前歯の真ん中を左へ修正し、全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後

歯が生えてこない(埋伏歯)

生えるべき時期を過ぎても歯が生えて来ないことがあります。歯列に並べる場所を作って適切な方向へ牽引し、歯列内へ誘導します。

<埋伏・牽引 1> 埋まっている歯を開窓・牽引して治療した症例(上顎抜歯)
治療法 上あごの左の2番目の歯根の先に3番目の歯の頭がぶつかっています。上あごの左の2番目の歯を抜歯し、そこに埋まっている3番目の歯を引っ張ってきました。その後、上あごの右の小臼歯を抜歯しマルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後

すれ違い咬合(バッカルクロスバイト)

上のあごの奥歯は外側に、下のあごの奥歯は内側に傾いて生えて、上下の奥歯は噛み合わせの面が当たらないですれ違いの噛み方になることがあります。そのままではどんどん歯が延び出して上の歯が下の歯茎に当たってきます。そのままにしておくと、その歯を抜かなければならなくなります。すれ違いを見つけたら早めに治療を開始するのが良いと思います。

<バッカルクロスバイト 1> すれ違いを改善して治療した症例(非抜歯)
治療法 上あごの左の奥歯は外側に、下の奥歯は内側に傾いて生えて、すれ違いの噛み方になっています。このため噛むたびに下のあごが右にずれて、あごの関節にも痛みが出ていました。上下にゴムをかけて傾きを修正しながら、マルチブラケット装置を用いて全体の歯並びと噛み合わせを整えました。
治療前
治療後
Page Top