〒732-0825
広島市南区金屋町2-15広島駅前通マークビル4F

TEL:082-262-4618

広島市南区 矯正歯科|小児矯正 矯正歯科 やまだ矯正歯科クリニック

大人の症例

広島駅のやまだ矯正歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

やまだ矯正歯科クリニックのコンセプト

院長レポート

HOME»  大人の症例

大人の矯正

歯並びが悪い

あごの大きさと歯の大きさとがアンバランスの場合、歯が凸凹に並ぶようになります。すでに成長は終わっていますので治療法としては

  • 歯列弓(あご骨)を前後、左右に拡大する。
  • 永久歯を抜歯する。
  • 歯を削って歯の幅を小さくする。

アンバランスの程度によって治療法が異なります。
⇒治療例へ

上の歯が出ている

上あごの前歯が前方へ出ている状態です。治療法は2通り考えられます。

  • 上下のあごの位置関係を手術によって改善する。
  • あごの位置はそのままで歯を動かして噛み合わせを整える。

⇒治療例へ

下の歯が出ている

下あごの前歯が前方へ出ている状態です。治療法は2通り考えられます。

  • 上下のあごの位置関係を手術によって改善する。
  • あごの位置はそのままで歯を動かして噛み合わせを整える。

⇒治療例へ

口元が出ている

上下のあごや歯並びが前に傾いて、上下ともに前に出ている状態です。治療法は2通り考えられます。

  • 上下の顎の位置関係を手術によって改善し、歯を動かして噛み合わせを整える(歯を抜くことが多い)。
  • あごの位置はそのままで歯だけを動かして噛み合わせを整える(歯を抜くことが多い)。

⇒治療例へ

顔貌が気になる

上のあご、下のあごの位置や大きさに問題があるために顔貌や噛み合わせに問題が出る場合はあご骨に対する治療(外科的矯正)を併用して治療をします。噛み合わせの改善と同時に整容的な効果も期待できます。

⇒治療例へ

前歯があいている

口を閉じて噛んでも上下の歯が数本にわたってかみ合わない状態です(前歯が当たっていないことが多く見られます)。前歯が当たっていないために噛み合わせる位置が不安定になり奥歯が擦り減ってしまうこともあります。物を噛み切れなかったり、発音に影響が出ます。

⇒治療例へ

歯周病治療

歯並びと噛み合わせが悪いために歯周病が悪化することがあります。お口の中の管理を行いやすくするために歯並びを整えることは歯周病の治療の一環として効果が大きいといえます。

⇒治療例へ

Page Top